ぼくルドルフと兄貴分イッパイアッテナの
とびきりゆかいなのらねこ生活。
ぼくたちの知恵と勇気と友情の物語。


 トップページ 主な上演作品
     
  ぼくは黒ねこのルドルフ。この「ルドルフとイッパイアッテナ」
は、ぼくが書いた本。
 ねこに本がかけるわけないって?ちょっとちょっと、そんなふ
うに思うなんてキョウヨウがないなぁ。
 飼いねこだったぼくは、ある日魚屋に追われて、トラックにと
びのった。気づけば、ぼくは知らない土地に…。
 「ここはどこ?これからぼくはどうなっちゃうの?帰りたい!
うちに帰りたーい!」
泣いているぼくの前に現れたのがイッパイアッテナさ。イッパイアッテナってすごいのらねこなんだ。強いし、いろんなことを知ってる。しかも字も書けるの。ねこにだってキョウヨウが必要なんだって。
 ぼくはイッパイアッテナと一緒にいて、いろんなことを覚えたんだ。
 のらねこ達とも仲間になれたしブッチーっていう飼いねこの友だちもできた。ぼく達のすぐ隣には「デビル」という犬もいる。全てがぼくが飼いねこだった頃とはまるで違う世界。このままのらねこでいるのも悪くないかもねー。でもさ、イッパイアッテナは、のらねこになることには反対なの。なぜかって?そこにはイッパイアッテナのひみつが…。
 ぼくを元の家に帰すためにイッパイアッテナは犬のデビルと・・・。
 そんなことをイッパイアッテナに教わった字でいっしょうけんめい書いたのがこの本。結末はこのお芝居で。
 これは、ぼく達の知恵と勇気と友情がつまったお話なのさ。
  
原作/斉藤洋(講談社刊)
脚色/久野由美
演出/三亜節朗
音楽/遠山裕
振付/酒井麻也子
美術/矢羽田輝伸
衣裳/柿平衣名美
照明/龍前照明
音響/山北史郎

制作/上保節子

 
 
  


          
<新作>
                                     
 
ルドルフとイッパイアッテナ